ホーム > 和楽器 > 三味線について

三味線について

スズキの三味線には工夫が盛りだくさん!

合成皮の三味線は音が悪いと 思われていませんか?

スズキのオリジナル三味線は特殊合成皮を採用しています。
皮の振動が非常に良く、美しい鳴りと絶妙な響きを実現しています。 本草に引けを取らない音色を誇る、スズキの自信作です。

 

たくさん使ってほしいから

shamisen_01特殊合成皮は過酷な使用にも耐えうる非常に丈夫な素材でできています。津軽三味線特有の「叩き奏法」などの激しい演奏にもビクともしません。湿度や経時変化にも強いのでお手入れいらず。学校用としても最適です。

本格三ツ折三味線ききょうシリ ーズ

shamisen_02棹と胴には花梨、糸巻きには黒檀を使用。演奏に必要な付属品一式がセットなっていますので手にしたその日にすぐ弾けます。
※ききょうシリーズ中棹・津軽(太棹)のみ

三味線独特の音色を生み出す「さわり」

shamisen_03さわりとはーの糸だけを本体に触れさせるようにした機構のことで、これにより生まれる特有のノイズは、三味線になくてはならない音です。ききょうの中棹 ・津軽(太棹)には「東さわり」を採用。裏側のツマミによりご自分で調整が可能です。

 

三味線の種類

三味線は棹の太さにより、「細棹」「中棹」「太棹」の3種に大別され、演奏される曲も異なります。細棹は主に長唄、 中棹は地歌、太棹は義太夫に使用されます。スズキききょうシリーズも3種類からお選びいただけます。

 

三味線の素材

素材は花梨や犬皮、猫皮など様々なものが使用されますが、スズキオリジナル三味線は、耐久性に優れた樹脂や合成皮を使用。湿度の変化に強く、お手入れも簡単で、学校用として最適です。

 

shamisen_04   shamisen_05   shamisen_06
ページのトップへ戻る