ホーム > お知らせ > ハーモニカ奏者広瀬哲哉CDのご紹介

ハーモニカ奏者広瀬哲哉CDのご紹介

ハーモニカ奏者広瀬哲哉CDのご紹介

ハーモニカ奏者広瀬哲哉氏の3rdアルバム「ハーモニカ花鳥風月」が2016年1月に発売され、この度「カラオケ&譜面セット」が発売されました。3rdアルバム「ハーモニカ花鳥風月」は、10ホールズハーモニカの音色を生かす音楽を求めて作られた作品集です。子どもの頃に口ずさんだ、懐かしい日本の童謡唱歌をさまざまなジャンルの音楽でアレンジしています。レコーディングにはMANJI(M-20)が使用されました。広瀬哲哉HPからご購入いただけます。http://www.10holeharmonica.com

 

 

収録曲(全13曲)

ずいずいずっころばし(トリップバージョン)/早春賦(ミュゼットアレンジ)/さくらさくら(旅立ちバージョン)/荒城の月(時代劇バージョン)/茶摘(カントリーアレンジ)/かごめかごめ(神隠しバージョン)/ななつの子(デュエットバージョン)/とおりゃんせ(レゲエアレンジ)/ほたるこい(須雲川バージョン)/東京音頭(酔いどれバージョン)/炭坑節(サンバアレンジ)/シャボン玉(雨上がりバージョン)/浜辺の歌(湘南バージョン)/箱根八里(スウィングアレンジ)

 

広瀬 哲哉

http://www.10holeharmonica.com

10ホールズハーモニカ奏者。ブルースからロック、ジャズまでを幅広く演奏。おもに東京、神奈川、京都で活動する。岩沢二弓(ブレッド&バター)新春SOLOツアーに同行。また、「箱根甘酒茶屋劇場 箱根八夜」「ART&MUSIC京町家」などのイベントの企画・運営を行い、最近では、春風亭小朝師匠の落語独演会の1コーナーにてハーモニカのソロ演奏を行うなど、日本文化に根ざした新しいエンターテイメントを追究している。

ページのトップへ戻る