ホーム > お知らせ > 鍵盤ハーモニカの祭典「ケンハモナイト」東京・京都にて開催!

鍵盤ハーモニカの祭典「ケンハモナイト」東京・京都にて開催!

鍵盤ハーモニカの祭典「ケンハモナイト」東京・京都にて開催!

鍵盤ハーモニカをフィーチャーしたグループばかりが出演する祭典『ケンハモナイト』。今回は、東京・京都2会場で開催いたします。飲み物を片手にまったりと、鍵盤ハーモニカの演奏をお楽しみください。また、最後には、ご来場の皆様も参加していただけるセッションを予定しております。鍵盤ハーモニカをお持ちの方は是非ご持参ください。


 ケンハモナイトチラシ(PDF)

▼TOKYOケンハモナイト

【日時】 2016年5月29日(日曜日) 開場17:00/開演17:30
【会場】 鈴木楽器販売東京支店ショールーム(日本橋)
https://www.suzuki-music.co.jp/company/office/
東京都中央区日本橋本町1-6-5ツカモトビル1F
TEL:03-5204-3130
【入場料】 前売¥2000/当日¥2500
小学生¥500(小学生未満無料)
【予約・問合わせ】 夏秋文彦 hicohico@yahoo.co.jp

 

▼KYOTOケンハモナイト

【日時】 2016年6月10日(金曜日) 開場18:00/開演18:30
【会場】 CAFE CUBE(細見美術館)
http://www.artcube-kyoto.co.jp/cafecube/
京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
【入場料】 前売り¥2500 /当日¥3000
(カフェキューブで1オーダー必要です)
【予約・問合わせ】 聖代橋郁子 isuinu@gmail.com

 

5/29(日)TOKYOケンハモナイト 出演者

 

UooMoo
中北裕子:Percussion
フリーのパーカッショニスト。コンサートのサポートやレコーディング、TV 収録に参加。楽器を自作したり、楽器にとらわれず生活の中にあるもので音の出るものは、全部叩いてしまう自由さもある。中国、台湾、ドイツ、ロンドンなど、枠にはまらず様々な国で演奏活動をする。
夏秋文彦:ケンハモ
1999 年UooMoo を結成、それをきっかけとし『ケンハモ』に出会う。その後、音楽性はもとより、ライフスタイル、人生観まででんぐり返る。それ以来ケンハモの可能性を追求し続け、その独特な世界観を構築。UooMoo を始め、ソロパフォーマンスそして数多くのミュージシャンとのコラボレーションをしながら日本はもとより、世界各国で演奏活動を続けている。

   
 

市塚裕子
市塚 裕子:ケンハモ

オルガン弾き。2007 年「Hammond festival」全国大会で最優秀賞受賞。2015 年に参加した「melodion festival」で鍵盤ハーモニカの持つ可能性に大変感銘を受け、最近では鍵盤ハーモニカも自己のライブで取り入れている。
三重野徹朗:ウクレレベース
幼少期よりオルガン→サックス→ドラム→ギター。そして18 歳の頃にベースに出会う。2015 年12 月に市塚裕子(Org)山﨑悠平(Dr)らと共にBANANA NEEDLE を結成。新しい形のオルガントリオを模索しながら都内を中心に活動中である。

   
 

ホット・トラ・トラ
中浩美:ケンハモ
ケンハモ歴23 年。20 年前に改造エレアコ考案、成功現在に至る。また鍵盤下にスポンジを貼る技術も中浩美による。吹いたら分解、掃除が欠かせない。
日野雅司:ギター
ジャズを中心に様々な演奏活動をする傍らギターインストラクターとして100 人を超える生徒に慕われている。中とはブラジル系からジャズ、オリジナルソングのユニットまで、あらゆる共演をし現在に至る。

   
 

坂本一孝 with Friends
坂元一孝:ケンハモ

東京芸術大学作曲科卒。1998 年鍵盤ハーモニカ奏者としての活動開始、以降多数のライヴやレコーディングに参加。1999年にウェブサイト『素晴らしき鍵盤ハーモニカの世界』を開設。以降、鍵盤ハーモニカをフィーチャーしたライヴイベント『ケンハモナイト』を主催したり、カルチャーセンターや幼稚園等での鍵ハモ講師を務める等、鍵盤ハーモニカ奏者や愛好者の交流にも尽力している。
中田太三:笙、他
大阪府出身。ギタリストを目指して上京後、音響エンジニアを勉強をしつつ様々なジャンルの音楽に接する中で「日本人としての音楽観」を意識し始め、平安期から脈々と受け継がれてきた伝統芸能である『雅楽』に出会う。「T’s color」「伽羅奢(ガラシャ)」「two-face」などの雅楽器・邦楽器を主とした、ミクスチャーユニットでの活動をライフワークとしている。
浜根由香:箏、うた
地唄三絃・箏曲演奏家。伝統を受け継ぎながら箏・三絃弾き歌いを発展させる。日本語の発声を基本にした邦楽的ヴォイストレーニング講座を行うなど、後進の指導にも力を尽くしている。正派邦楽会大師範・雅美香会主宰。雅号:雅美香

 

6/10(金)KYOTO 出演者ケンハモナイト

 

夏秋文彦:ケンハモ
1999 年鍵盤ハーモニカに出会い、人生が変わる。それ以来ケンハモの可能性を追求し続け、その独特な世界観でケンハモ界をリード・開拓している。オリジナルの楽曲や即興演奏を中心としたライブ活動を展開。鍵盤ハーモニカの祭典『ケンハモナイト』主催。

   
 

「けんはも」鍵盤ハーモニカ合奏団
北村麻也子・福谷一美・中西大介・聖代橋郁子
4人で作る「けんはも」の世界。ケンハモの可能性、楽しさを追求する京都生まれのグループ。一直線に間違った方向に走りケンハモ・ナイトでは何をしでかすのやら。ケンハモアンサンブル、是非ご堪能下さい。

   
 

鈴木潤
1996 年~国内外の様々なアーティストのサポートキーボーディストとして活躍。同時期より「鍵盤ハーモニカオーケストラ P-ブロッ」メンバーとして活躍。2010 年~ ソロ活動開始。NHK 教育TV 番組、スズキメロディオン・フェスティバルなど出演。

   
 

野村誠
1993 年ケンハモ路上演奏開始。「P-ブロッ」結成。ジョグジャカルタにGardika.Gigih.Pradipta氏とデュオコンサート開催。「ドミノテレビ」「ひみつのチカランド」「あいのて」出演 著書「音楽の未来を作曲する」(晶文社)他多数。CD 「ノムラピアノ」(とんつーレコード)他多数。

 

【後援】一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)
    株式会社鈴木楽器製作所

ページのトップへ戻る