ホーム > 楽器活用例 > 合奏の中間部でアドリブをしよう

合奏の中間部でアドリブをしよう

[メロディオン活用例] ケンハモ活用研究会(音楽づくりでの活用例をご提案)

合奏の中間部でアドリブをしよう

監修:網走市立網走小学校 上杉 一弘 先生

「スワンダフル」でアドリブをしよう(教育出版6年生)[高学年用]

音階をもとに、一人一人がゆれるリズム(スウィング)で即興的に演奏をする。

これまでに経験しておくことは?
  教科書通りの「スワンダフル」の合奏ができる

こんな学習とつながる!
  決められた音階を使った即興表現

隊形:円や合奏のならび

 

活動の流れ
1スウィングを意識して、「1音」だけで即興演奏する。

 

 

POINT

2小節のアドリブを、一人一人リレーしながらつなげます。

 

 

2「ヘ長調の音階」でスウィングする。

u3

 

3「マイナーペンタトニックスケール」でスウィングする。

u5

 

POINT

ペンタトニックスケールとは、5つの音でできた音階のこと。ヘ長調の音階から無理なくつなげられるように、ファから始まるペンタトニックにします。

 

4「スワンダフル」の中間部を、アドリブに変えて合奏する。

u6

 

onepoint

● リコーダー・鍵盤ハーモニカ・低音に、ドラムセットを加えると、より合奏らしくなります。
● ルールから意図的、または偶然に「はずれた」ときのおもしろさを価値づけてあげましょう。

 

 

登場楽器のご紹介

メロディオンアルト
メロディオンアルト
一般的に音楽の授業で使用されている、アルト音域のメロディオンです。
ページのトップへ戻る