ホーム > 楽器活用例 > 音楽的表現、はじめの一歩はオルフ楽器で。

音楽的表現、はじめの一歩はオルフ楽器で。

[オルフ楽器活用例]

音楽的表現、はじめの一歩はオルフ楽器で。

監修:日本オルフ音楽教育研究会 代表/鶴見大学短期大学部 保育科 井口 太 教授

音楽的表現、はじめの一歩はオルフ楽器で

何と言っても響きが美しい、余韻の残る楽器です。
適切な堅さのバチを選びましょう。
短いフレーズを何回も繰り返す「オスティナート奏」をしてみましょう。


 

オルフ楽器とは
必要な音だけを並べて演奏できる

オルフは「子どものための音楽」を作ったことで有名な、20世紀ドイツの作曲家です。子ども自らが音楽を作り出す、そのために工夫されたのが「オルフ楽器」と呼ばれる楽器群で、必要な音だけを並べて表現できます。
例えば「ド」「ミ」「ファ」「ソ」「シ」「ド」の音を選んで鳴らすと沖縄の雰囲気になります。
「ミ」「ソ」「ラ」「シ」「レ」「ミ」の音を選んで鳴らすと、わらべうたや民謡らしい響きになります。そこへ「ミ」と「ラ」だけで、伴奏を作ることもできます。


 

 

登場楽器のご紹介

ザイロホーン
ザイロホーン
ザイロホーンは音板が外せて必要な音だけを残すことのできるオルフ楽器です。オスティナート奏がしやすく音楽づくりの授業に大活躍します。
メタルホーン
メタルホーン
メタルホーンは音板が外せて必要な音だけを残すことのできるオルフ楽器です。オスティナート奏がしやすく音楽づくりの授業に大活躍します。
卓上木琴 ・グロッケン
卓上木琴 ・グロッケン
大きなタイプは卓上で、小さなタイプは手に持ったり膝に置いても演奏が可能です。音板を外せるモデルはオルフ楽器として音楽づくりの活動にも。
ページのトップへ戻る