ホーム > 会社情報 > 鈴木楽器製作所について

 

 

音楽で人を幸せに。

Make you happy with music.

 


私たち鈴木楽器製作所は、皆様の生涯にわたって、

音楽との幸せな時間を提供できる企業として
携わっていきたいという想いがあります。


そのための、楽器作りの創意工夫、
笑顔になれる演奏の場の創造まで、

より多くの方に愛されるための取り組みを、
社員、グループ企業が

「心をひとつ」に目指せることが私たちの誇りです。


音楽で人を幸せに。
これからもこの想いをつないでいきます。

<ロゴについて>

音符と音楽記号で「笑顔」と「つながり」をデザイン。

音楽で人を幸せにする。その想いを未来へとつないでいくことを表現しています。

 

 

 

代表挨拶

弊社は創業以来、人々に寄り添い、教育現場に寄り添いながら楽器や教材を開発・提供して参りました。子どもたちが楽器の楽しさや演奏の喜びを知ることで音楽が好きになり、心豊かに成長していけるようにお手伝いをすること、大人になっても音楽を楽しむ気持ちを持ち続けていただけるようお手伝いすることが、私たちの使命と考えています。

「音楽で人を幸せに」をコーポレートメッセージに掲げ、楽器づくりを通して、社会に貢献するために、何をすべきか、何ができるのかを、社員一人一人が真摯に考えながら、さらなる成長を続ける企業を目指してまいります。

 

スズキ楽器グループ代表
鈴木 禮子

 

 

会社概要

弊社は楽器メーカーとして、製品の企画、設計、製造、品質管理、販売、販売後のサポートまでを行っています。またソフトウェアの開発、各種セミナーの開催、活用事例の提供などを通して、音楽文化の普及活動も行っています。

 

会社名 株式会社 鈴木楽器製作所
SUZUKI MUSICAL INSTRUMENT MFG. CO., LTD.
設立 昭和29年(1954年)2月
資本金 9,230万円
代表者 代表取締役 鈴木 禮子
事業内容

楽器製造(教育楽器全般・ハーモニカ・大正琴・ハモンドオルガン)

ソフトウェア制作(教則本・楽譜)

所在地

〒430-0852 静岡県浜松市中区領家2-25-7
TEL:053-461-2325  FAX:053-463-5858


アクセスマップ

 

 

本社工場

本社工場〒430-0852 静岡県浜松市中区領家2-25-12
TEL :053-461-2325

新製品の開発・設計をはじめ、メロディオンの心臓部であるリードや金属部品の加工を行っております。また自社開発した自動調律機などの工業機械が稼働しています。

 

都盛工場

〒430-0815 静岡県浜松市南区都盛町162-1
TEL :053-442-2525

主に音板や打楽器などの木製品の加工・組立を行っております。

 

 

 

沿革

昭和28年(1953年) 創業者 鈴木萬司がハーモニカ製造業を開始。
昭和29年(1954年) 株式会社 鈴木楽器製作所を設立。
昭和32年(1957年) 木工部門を設立。
昭和33年(1958年) 生産・経営管理強化を図り、事務所・金属工場を増設。
昭和34年(1959年) ハーモニカがJIS日本工業規格認定を取得。
昭和36年(1961年) 国内初の鍵盤ハーモニカ「メロディオン」を発売。
昭和37年(1962年) メロディオン組立工場を建設。
昭和39年(1964年) 本社工場を増築。
昭和42年(1967年) 文部省が制定した「教材基準」に、鍵盤ハーモニカが位置づけられる。
昭和42年(1967年) 台湾台北市に台湾鈴木楽器を設立。
昭和46年(1971年) メロディオン株式会社(現 鈴木楽器販売株式会社)を設立。国内販売体制を整える。
プラスチック成型品製作を行うユニバース精機株式会社を設立。
韓国に「韓国鈴木楽器KK」を設立。
昭和48年(1973年)

木工工場を建設。
電子楽器の開発を開始。

株式会社都盛精機製作所を設立。技術部門の強化をめざす。

昭和49年(1974年) 株式会社スズキ(現 株式会社スズキ楽器貿易)を設立。海外販売体制を整える。
電子楽器、アンサンブル打楽器の製造を本格的に開始する。
昭和51年(1976年) 本社新社屋を竣工。管理部門を集中化させる。
昭和52年(1977年) 株式会社スズキエレクトロニクス設立。
昭和53年(1978年) 楽器教則本や曲集の制作・出版を行う鈴木教育出版株式会社を設立。
昭和56年(1981年) ステンドグラス総合メーカー株式会社カルース設立。
昭和57年(1982年) コンピュータソフトの開発を開始。
昭和59年(1984年) 教育用ソフトウェアの企画・開発・販売を行うスズキ教育ソフト株式会社を設立。
昭和60年(1985年) 大正琴を始めとした音楽普及を目指し株式会社鈴木音楽産業を設立。
昭和61年(1986年) ハモンドオルガンの製造販売を行う株式会社ハモンドスズキを設立。
平成元年(1989年) ハモンド製品の市場拡大のため、アメリカにハモンドスズキUSAを、ヨーロッパにハモンドスズキヨーロッパを設立。
平成4年(1992年) ハモンドブランドを取得。
平成5年(1993年) 研究開発センター、新倉庫を建設。
社団法人大正琴協会が文部省に認可される。
平成6年(1994年) ハーモニカ教室を全国展開。
ハーモニカ量産体制整備のため中国に合弁会社設立。
平成7年(1995年) 中国に南京鈴木楽器教具有限公司を設立。
平成8年(1996年) 中国南京に自社工場、上海に営業所を設立。
平成9年(1997年)

北京に華鈴振興教具有限公司を設立。

静岡県湖西市に研修センターを開設。

品質管理システムの世界基準「ISO 9001」をリード楽器分野で世界初の取得

平成12年(2000年) 中国での営業展開を図り8か所の営業所を新設。
平成13年(2001年) 福祉機器の開発を開始。
平成16年(2004年) 環境マネジメントシステムの世界基準「ISO14001」を取得。
平成23年(2011年) メロディオン誕生50周年を迎える。
琴城流大正琴振興会40周年を迎える。
平成29年(2017年) 経済産業省により「地域未来牽引企業」に選定される。
平成30年(2018年) スズキ教育ソフト株式会社 新社屋竣工。
令和元年(2019年) 経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2019」に認定
令和2年(2020年) 株式会社鈴木楽器製作所 本社 新社屋竣工。
令和3年(2021年) 経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2021」に認定