ホーム > トーンチャイム・ベルハーモニー > ベルハーモニーとは?

ベルハーモニーとは?

色で音が分かるベルがセットに

ベルハーモニーは音別に色分けされたベルがセットになっています。ベルの色と音の関係は図の通リです。

bell_harmony_about01

幹音は単音、派生音は2トーン

幹音はベルの色が単色で柄やキャップの色が黄色。派生音はベルの色が2トーンで柄やキャップの色が黒です。

幹音と派生音

 

ハンドタイプとデスクタイプの2種類から選べる

ベルハーモニーは振って演奏するハンドタイプと机などに置いて叩いて演奏するデスクタイプがあります。

ハンドタイプとデスクタイプ

音域を広げられる

基本の幹音8音を中心に他のセットを追加していくと、2オクターブ25音まで音域を広げていくことができます。音あそびに使用する場合と、アンサンブルに取り入れる場合とでは、必要な音数や音域も異なってきます。ベルハーモニーの使い方に応じて音域やセット数を増やしていけるため無駄がありません。

音域

ページのトップへ戻る