ホーム > メロディオン > 鍵盤ハーモニカの始まり

鍵盤ハーモニカの始まり

beginning

昭和30年代当時文部省が採用したハーモニカ中心の音楽教育は音階学習の難解さに指導上の限界がありました。そこで鈴木楽器製作所創業者鈴木萬司(現会長)は卓上に置いて演奏できる吹奏楽器というアイデアのもと、オルガンよりも経済的で鍵盤学習に最適な教材として昭和36年、現在の鍵盤ハーモニカ第一号となる「スーパー34」を開発。しかし普及活動は順調とは程遠く、鈴木は製品の改良・改善を行いながらも、全国で様々な講習会を行うと同時に文部省へも精力的に働きかけを行いました。やがてそんな悪戦苦闘の普及活動が実を結びはじめ、昭和44年に文部省指導要領においてメロディオンは鍵盤ハーモニカとして音楽教材基準に位置づけられたことで、多くの子どもたちに演奏されるようになっていきました。
現在ではプロのミュージシャンやバンドシーンなどでも活躍する楽器としてメロディオンは多くのユーザーに愛される、年代や性別を問わないブランドへと成長しています。

ページのトップへ戻る