ホーム > オルガン・電子楽器 > SO-70CU活用術

SO-70CU活用術

先生のため、子どもたちのための授業支援オルガン

SO-70CUのおすすめポイントと活用術

hirano_picSO-70CU教室にあるオルガンが物置台になっていませんか?スズキ楽器のオルガンはピアノが弾ける方にとっても、弾けない方にとっても授業の幅を広げてくれる1台です。音楽の授業だけでなく、朝や帰りの会や、学芸会でも活躍することでしょう。
筑波大学附属小学校 平野次郎 先生

音色

SO-70CU_1様々なジャンルの音色を350種類以上搭載

ピアノや弦楽器、管楽器などの音を忠実に再現。本家ハモンドオルガンの音色はオススメ。

移調

SO-70CU_22タッチでカンタン移調設定

移調機能を使えば、変声をむかえた子どもたちがイキイキと歌えるように。全体を1オクターブ下げることで左手の使える範囲が広がり、低音の厚みが増します。

 

USB録音

SO-70CU_3USBメモリーでカンタン録音

歌や器楽だけでなく、音楽づくりでつくった子どもたちの作品の確認ができます。USBメモリーなのでパソコン経由で携帯音楽プレーヤーやタブレット端末に取り込むこともできます。

 

 

CD再生

SO-70CU_4再生からテンポ調整まで手元でラクラク操作

音響機器に移動する手間がなく、手元ですぐに操作ができます。テンポやキーの調節もボタン1つで出来るなど高性能。

 

 

外部入力

SO-70CU_5PA装置としても大活躍の外部入力端子

CDがない時も携帯音楽プレーヤーやタブレット端末を接続すれば再生可能。大口径スピーカー搭載なのでマイクを接続してアンプ代わりとしても大活躍。

キャスター

SO-70CU_6移動に便利な大型キャスター搭載

教室内や校舎内の移動もラクラク。表現している子どもの近くに行くことも可能。

 

スピーカー

SO-70CU_7高音質・高出力の大口径スピーカー搭載

大音量でも音が割れる心配はありません。低音の鳴りも安定しているので、歌や器楽の演奏をしっかり支えてくれます。大教室や体育館でも活躍する1台。

ページのトップへ戻る