ホーム > メロディオン > 鍵盤ハーモニカ奏者 ブチックゆふ 1st Album『ハモニワ』

鍵盤ハーモニカ奏者 ブチックゆふ 1st Album『ハモニワ』

「ブチックゆふ」さんが1stアルバム「ハモニワ」をリリース!
鍵盤ハーモニカを中心とした数多の楽器で遊びに遊んだオリジナル楽曲全16曲を収録。
鍵盤ハーモニカ奏者 夏秋文彦さんがプロデュース&サポートをされています。

 


 

【収録曲】全16曲 ¥2,500円(税込) 
1.霧の晴れた朝、谷の小さな村のお祭りが始まる
2.ぼく、ロボットガラクタン
3.あさがくれば
4.tuluttulu
5.桜のもとで
6.やまばとガボット
7.りすと絵描き
8.さかさまさかさ
9.トンデシクァ
10.sea cucumber
11.リバーシブル
12.ポイポイブルース
13.地平線、果てなく
14.ヒメジョオン
15.ミニチュア・カルナヴァル
16.思い出のかけらを
 

CD・楽譜の購入はこちら

音楽配信サービスはこちら

 

 

ブチックゆふ

鍵盤ハーモニカを中心としたオリジナル楽曲を演奏する2人のユニット。

岡﨑有美子
青森県三戸町出身。上京後の大学サークルにてジャンル問わず音楽に触れる。会社員になるも、やっぱり音楽やりたいなぁと脱サラ&学び直し期間を経て、指導と演奏の活動始める。たくさんのありがたい出会いとご縁により、自作曲やアレンジ曲などカワイ出版、ヤマハぷりんと楽譜、ピティナミュッセより発売中。高校生の頃、八戸公会堂で観汗いっぱいのた鍵盤ハーモニカ演奏が忘れられず、2010年に自分もステージでも吹いてみた。ハマった。現在荒川区にて「おんがく教室すきっぷ・スキップの会」を主宰。日々「うたごころ」と「あそびごころ」を伝えています。

ゑ川史子
徳島県徳島市出身。幼少よりピアノに親しむ。武蔵野音楽大学在学中より、ジャンルをよく知らないままに音楽活動を始める。舞踊家、俳優との公演、ミュージカルの伴奏や役者としての出演など、舞台で鍛えられました。歌うこと、寄り道が大好き。いつもまにか楽器が集まってくる不思議な性質があり、鍵盤がついているものはだいたい触る。子供たちのための音楽活動には特に燃えます。「サウンドステップピアノスタジオ」を主宰。後進に教わることばかり。現在コミュニティFM「ちちぶFM」のパーソナリティ。よもやまをのほほんと喋っています。

 

夏秋文彦

20170528_2https://hiconatsuaki.jimdofree.com
1999年“UooMoo”を結成、それをきっかけとし『ケンハモ』に出会う。その後、音楽性はもとより、ライフスタイル、人生観まででんぐり返る。それ以来ケンハモの可能性を追求し続け、その独特な世界観を構築。鍵盤ハーモニカを中心として数多くの楽器を操り、オリジナルの楽曲や即興演奏を中心とした活動を展開。ソロパフォーマンスそして数多くのミュージシャンとのコラボレーション、他アーティストのプロデュースなど、日本はもとより世界各国で演奏活動を続けている。

ページのトップへ戻る