FAQ

【大正琴出版物】大正琴の楽譜(出版物)の数字譜で「0」は止めたり止めなかったりしますが、この区別はどのようにすればよろしいのでしょうか?

大正琴用の楽譜(曲集や教本など)に用いられる数字譜では「0」は休符なので基本的には音を止めます。しかし、休符をいくつか省いた方が演奏がスムーズだったり、聴きやすい場合には、音を止めないことがあります。特に演歌を、昔の大正琴(余韻が短い)で弾く時は、音が自然に消えますので、止めない方が減衰感が表現できるというメリットもあります。音を止める・止めないの目安は以下を参考にしてください。

 

<止めた方が良い休符>
フレーズの始まりの前にある休符、リズムパターンと思われる休符

<止めなくても良い時がある休符>
同じ小節内にある長く延びた音の後の四分休符など


上記で解決しない場合、下記フォームからお問い合わせください。

サポートページ:製品に関するお問い合わせはこちら
区分 : 製品(仕様・対応) その他
ページのトップへ戻る