FAQ

【クロマチックハーモニカ】低音の吸い音(吸って演奏する音)が鳴りません。修理が必要ですか?

鼻からも息を同時に吸いながら、または顔を完全に上に向け、のどが広がった状態で出にくい音を吸ってみてください。この状態で音が鳴れば、故障ではありません。
クロマチックや10ホールズなどのシングル(単音)ハーモニカを初めて手にした方は、かなりの割合で、低音の吸い音が出なかったり、音が詰まったりしているように感じます。これは音を鳴らすための空間が口の中に作られていないからです。
ハーモニカを吹くとき、奏者の口腔内もハーモニカと合わせて一つの楽器であるということが言えます。すべての音をきれいに発音させるには、口笛と同じように、それぞれの音にあった空間を作ってあげることが必要になります。低音域では、あくびをするときのようにのどを大きく広げた状態で吸うときれいに音が出ます。
動画でも解説しています。こちらをご覧ください。


上記で解決しない場合、下記フォームからお問い合わせください。

サポートページ:製品に関するお問い合わせはこちら
区分 : 使い方
ページのトップへ戻る