FAQ

【クロマチックハーモニカ】しばらく吹いていると音が出にくくなるのはなぜ?修理が必要?

吹き始めは問題ないのだけれど、吹いているうちに音の出だしがちょっと詰まってきて、ごく弱い息では音が出なくなる事があります。この時、少し強く吹くと「ップー」と、弾けるように音が出ます。これは、クロマチックハーモニカの内部部品「バルブ」によるもので故障ではありません。
この現象を防ぐためには、ハーモニカを冷たくしない事が大事です。演奏前に、ポケットに入れたり、常に触ったりして暖める事によって、プレートに水滴がつきにくくなります。
動画でも解説しています。こちらをご覧ください。


上記で解決しない場合、下記フォームからお問い合わせください。

サポートページ:製品に関するお問い合わせはこちら
区分 : 使い方
ページのトップへ戻る