アンサンブル

画像を拡大

ベース付 フルスケールコードハーモニカ

BCH-48

価格:¥87,500+税

各コードにベース音が付いているのでBCH-48のみでバスハーモニカとコードハーモニカを演奏しているような表現ができ、デュエットでもトリオ並みの充実したアンサンブルが可能に。コードにはシングルリードを、ベースにはオクターブ違いの重厚なダブルリードを採用しています。
上のハーモニカにはメジャーとセブンスコードを、下のハーモニカにはマイナーとディミニッシュ/オーギュメントのコードを配しています。メジャー側の吹き吸いで24コード、マイナー側の吹き吸いで24コード、合計48コードを演奏できます。

特長

ベース付フルスケールコードハーモニカBCH-48 は他社にないこれからの新しいアンサンブルの形を提案するモデルです。
BCH-48 であればバスハーモニカが無くても伴奏でき、バスハーモニカが加わればさらに厚い演奏が可能となります。

 

  • フルスケール(コードハーモニカとしてのコードが全てあります。詳しくは表参照)
  • バルブが無く使い勝手が良い。SCH-48 と異なり吹き吸いを吹き分ける構造でバルブ(空気弁) がありません。よって、結露や唾液によるバルブの貼りつき問題がなくバルブのノイズに悩まされません。
  • 各 コードにベースが付いています。各コードの左側にベース用リードが2弁ついています。 この2 本のリードは同じ音ですがオクターブ違いに調律されておりオクターブベースとなっています。オクターブベースの場合音に厚みと輪郭が出てきて迫力のある ベース音が得られます。音の立ち上がりもユニゾンと比べると良く、吹き詰りしにくくなります。さらに、一人でしか出せない一体感やベースとコードを同時に 鳴らしたりなどトリオ伴奏とはまた違った世界をつくることができます。
  • マイクについて。BCH-48 はSCH-48 と同じ長さに設計されており、SCH-48 用マイクHMC-2 が そのまま使用可能となっています。

 

コード構成音表  図1
メジャー側 音配列マイナー側 音配列拡大イメージはこちらから(PDF形式:256KB)

 

 

演奏方法

演奏方法例えば「C」のコードを出す場合、上の段の右側だけを口にくわえて吹きます。また、ベース音をアンサンブルに入れたい場合は、左側の穴をくわえて吹きます。これを組み合わせて、ブン・チャ・ブン・チャと吹けばBCH-48でベース付きの伴奏ができます。
ベース担当者がいる場合は、ベースは吹かず通常のコードハーモニカとして演奏いただけます。
下の段のコード、例えば「G7」を出したい場合、今度は吹くのではなく吸うことによって出すことができます。

 

仕様

材質 スチール・ニッケル鍍金カバー
ABSボディ
コード 5コードパターン(オクターブベース音付) 12調子
寸法 595×35×67mm
重量 1,200g
付属品 セミハードケース
ナイロンショルダーケース

試聴・動画

動画

2009年6月15日 スズキ楽器 食堂!?にて・・・・

大内友哉さんが講習会、田中光栄さんが大阪、名古屋とセミナー&ライブを終え作戦会議にと、ハーモニカプレイヤー2人が スズキ楽器本社(浜松)に集まりました!
ということで急遽 演奏をお願いし ビデオ撮影した貴重な映像です。

 

大内友哉:ベース付フルスケールコードハーモニカ BCH-48
田中光栄:クロマチックハーモニカ Fabulous F-64C
アルバムCD「空の音色(Notes From The Air)」好評発売中!

 

 

 

試聴

演奏:山口 牧

 

♪ 線路は続くよどこまでも  senro

 

♪ クラリネットを壊しちゃった  clarinet

 

♪ グリーンスリーブス  greensleeves

アーティストコメント

大内 友哉(おおうち ともや)

ハーモニカアンサンブルの新しい形。

ouchi

このハーモニカがあれば演奏者が2人だけでもトリオのような演奏が可能です。今までコードハーモニカまたはバスハーモニカを担当していて、どうしても相手 のリズムと合わない、バラバラになってしまう方はこのハーモニカがあれば大丈夫!! バッキングのリズムを一人で作り出すので、微妙なテンポの揺れや強弱 も思いのままです。音の配列もよく使うベース音とコード音が近くに配列されているので、初めてアンサンブルハーモニカを吹く人もベテラン奏者にも吹きやす いです。また、バルブがついていないので鋭い音の立ち上がりが期待できます。もちろんコードハーモニカとしても素晴らしい性能を秘めています。いままでは 出来なかった回転コードも表現でき、バラードの曲やコードハーモニカソロでさらに幅広い演奏が出来ます。

 

プロフィール

bom_boa2002年にハーモニカデュオBom×Boa(ボン・ボア)としてデビュー。コードハーモニカ、バスハーモニカを担当する。数々のコンテストで優勝・入賞 経歴を持つ実力派。デュオながら音の厚みを感じさせ、その卓越した技術には定評がある。クラシック、ジャズから民謡、童謡まで幅広いジャンルを演奏、他の 楽器とのセッションにも積極的に参加。ハーモニカの新しい可能性を追求し続けている。

ページのトップへ戻る