アンプ

画像を拡大

アンプ

SPA-03

価格:¥18,000+税

SPA-03は、ハーモニカ、メロディオン、大正琴の直接接続/マイク収音に対応し、音色を加工できる残響・効果を内蔵。ミュージックプレイヤーの接続も可能で、自室での練習やストリート・パフォーマンスに最適な多目的アンプです。

概要

141020_0003自室での練習も

ストリート・パフォーマンスもこの1台で。

 

SPA-03は、ハーモニカ、メロディオン、大正琴の直接接続/マイク収音に対応し、音色を加工できる残響・効果を内蔵。ミュージックプレイヤーの接続も可能で、自室での練習やストリート・パフォーマンスに最適な多目的アンプです。

特長

SPA-03 だからできる多彩な使い方

伴奏を再生しながらのパフォーマンスが可能!

141020_0013ステレオミニジャック入力を装備しているので、スマートフォンや携帯型ミュージックプレイヤーなどに入れた伴奏を再生しながら演奏でき、一人でもバンド演奏並みのパフォーマンスが可能です。

コンパクト&電池駆動対応で、気軽に持ち出しOK!

141020_0019電池またはACアダプターで動作するため場所を選ばず使用できます。コンパクトで屋外へも気軽に持ち出し可能。単3型アルカリ乾電池6本で最大12時間演奏可能なので、ストリート・パフォーマンスでも安心です。

ヘッドホンの接続も可能

141020_0010_2ヘッドホンからはトップ・パネルすべてを経過した音声が出力されるので本番と変わらない条件で練習できます。ミキサーやレコーディング機器へ直接出力する際もこのジャックに接続します。

マイクの接続でカラオケや拡声も

spa03_01_11マイク入力を装備しているので、伴奏を鳴らしてカラオケを楽しんだり、大正琴やハーモニカの教室で先生が指導時に拡声したりするのにも使用できます。

 

機能

141020_0005_

 

①2つの入力ジャックにより幅広い楽器に対応

楽器入力と外部マイク入力を装備。外部出力のある楽器は「楽器入力」ジャックへ、外部出力がない生楽器はマイクロホンで収音し「外部マイク入力」ジャックへ接続。1台で幅広い楽器に対応できます。

 

②スイッチを接続する楽器名に合わせるだけ、の簡単設定!

アンプ機能スイッチを切り替えるだけで、楽器や接続方法に合った機能が得られます。使用楽器を変える度にレベルの調整や設定を行う煩わしさから解放されます。

 

③残響・効果で演奏表現を多彩に演出

楽器の音色を様々に加工できる、各種残響・効果を搭載しました。2つのスイッチを同時に使用することも可能で、ビギナーの方も直感的にコントロールできます。多彩な演奏表現をシンプルな操作で可能にします。

 

④大正琴を簡易的に調律可能なG音チューナー搭載

大正琴のチューニング時に解放音となるG音のチューナー(A=440Hz)を搭載しています。音程が合っているかどうかは、ランプの点灯の仕方で判別できるので一目瞭然です。

仕様

材質 パーティクルボード、ナイロンメッシュ
アンプモデル数

11種類
ハーモニカ:MELLOW・CLEAN・DRIVE
メロディオン:S-27H・PRO-44/B-24H(PRO-24B)・外部マイク
大正琴:こはくシリーズ(ソプラノ・タイプⅡ・アルト)・箱形・ライン

スピーカー

12.7cm 4Ω

出力 最大約3W
最大音圧レベル 103dB(1m)
電源

単三型アルカリ乾電池6本(別売)またはACアダプター

消費電力

3.4W

電池寿命

約12時間 ※使用環境によって異なります。

チューナー測定範囲

G1~G6(49~1568Hz)
基準ピッチ A=440Hz

入出力端子

楽器入力(モノラル標準ジャック)
ハーモニカ/外部マイク入力(モノラル標準ジャック)
ミュージック入力(ステレオミニジャック)
ヘッドホン(ステレオミニジャック)

パワー・アンプ出力

最大約3W RMS@4Ω

接続可能大正琴

悠弓・こはく(ソプラノ・タイプⅡ・アルト)・桂・紅葉・弁慶・蘭(ソプラノ・タイプⅡ・アルト)

寸法

W26.2×D17.4×H22.3cm

重量

3kg(電池含まず)

付属品

ACアダプター(KA251V)、キャリングストラップ

備考

残響:ルーム・ホール・ディレイ
効果:コーラス・フェイザー・トレモロ

試聴・動画

ハーモニカ奏者山口牧さんによるプレビュー動画

”アンプ”と”マイク”を使って、もっともっとハーモニカを楽しもう!ハーモニカアンプSPA-03とハーモニカマイクセットHMH-100を使用したハーモニカ奏者山口牧さんによるプレビュー動画です。複音・10ホールズ・クロマチックそれぞれのハーモニカにあった設定や活用方法を教えてくれます。

 

 

山口 牧

プロフィール
学生時代に独学でハーモニカ、ギターを始める。(株)鈴木楽器製作所にて、10年間、ハーモニカの調律、組立、修理などを経験した後、3年間、ハーモニカの営業、曲集や教本の編集、演奏や修理の講師などを担当。2007年に鈴木楽器製作所を退社。現在は、地元静岡県を中心に、各地でハーモニカ演奏、講師活動などを行っている。ジャンルにとらわれず、10ホールズ、クロマチック、複音など、各種ハーモニカの特色を活かした演奏が特徴。

ページのトップへ戻る