ホーム > 楽器活用例 > 子どもの表現活動によりそうバスウッドドラム

子どもの表現活動によりそうバスウッドドラム

[ バスウッドドラム活用例]

子どもの表現活動によりそうバスウッドドラム

監修:筑波大学附属小学校 平野 次郎 先生

 

平野先生これからは1校に1台バスウッド。器楽でも、音楽遊びでも、音楽づくりでも!

 

 
バスウッドドラムのおすすめポイント

 

フタをスライドさせると音色が変わる

強く叩いても優しい音色

マレットでも、手の平でも表現できる

キャスター付きのスタンド使用で子どもの近くに

 

拍に合わせて拍に流れを感じ取って、体で表現する[低学年・音楽遊び]

活動の流れ

1全員で1つの円になる

2拍に合わせて1人ずつ座る

3速度を変化させて楽しむ

4拍子を変化させて楽しむ


(例)

まずは先生がバスウッドドラムで拍をきざみます。

パターンA.かB.のように1拍目の音の高さを変えるとわかりやすくなります。


 

歌唱や器楽で「拍の流れにのれない子がいて困っています」という先生の声をよく聞きます。この活動ならば、みんなで楽しく体を動かしながら、拍の流れを感じとることができます。
平野先生

 

「幸せなら手をたたこう」で楽しく遊ぼう[ 低・中学年用 ]

息を合わせてたたいたり、リズムを自由に考えてたたいたりしよう

活動の流れ
1
全員で1つの円になり「幸せなら手をたたこう」を歌う。

2
“パン”“パン”と合いの手を入れるタイミングで、1人ずつバスウッドドラムの前に来て、自由に2回たたく。

3
1人ずつバスウッドドラムの前に来て、2拍分の長さを自由にたたく。

4
2人ずつバスウッドドラムの前に来て、

息を合わせて2回たたき、たたいたら円に戻って座る。

バスウッドドラムは、マレットや手のひらでたたいたり、音の高さを変えたりと、音色のバリエーションがあります。子どもの発想を生かせるように支援していきましょう。
平野先生

 

即興表現の支えとして活用しよう

活動の流れ

1基本のルールを確認する。

2全員で1つの円になる。

3先生は円の中心で拍を刻み、子どもたちは先生の拍に合わせて、順番に即興演奏をする。

4先生のリズムパターンを変化させて楽しむ。

POINT

メロディオンやリコーダーでの即興演奏の時に、子どもが安心して表現することができるように、先生がバスウッドドラムで拍を刻みます。






登場楽器のご紹介

バスウッドドラム CTB-01
バスウッドドラム CTB-01
価格:¥42,000+税
前面のフタをスライドさせて音色を変えられる低音打楽器。強...
ページのトップへ戻る